読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

もっと大事なことがある

11月30日、与党がカジノ法案の審議入りを押し切ったという報道がありました。

 

11月は過労死防止啓発月間でもありました。電通への強制捜査もありました。過労の問題がこれだけ深刻化している中で、これを一社の問題にとどめず、再発防止をいかに図っていくかが立法府に問われています。ところが、働く人の命と健康を守るための長時間労働の是正法案、民進党の議員立法が審議拒否され、たなざらしにされている一方で、カジノ法案の審議とその成立が優先される。

 

経済効果が見込まれるという声があるにせよ、今このタイミングで国会の延長を決めて最初に手を付けるべき法案が果たしてこれなのか、首をかしげざるをえません。

 

仕事が未明まで続き体が震えるというつぶやきもあったと報道もありました。クリスマスの朝、お母さんに電話をかけ、その後自ら命を絶たれたという本当に痛ましく、やりきれない思いのする事件でした。命を削ってまで働く人がいる、孤独と絶望の淵に立たされる人がいる、悲痛な叫びを訴えるご家族がいる。娘を持つ父親の一人としても、二度とこのような悲劇が繰り返されぬよう、速やかに実効性ある法整備を図っていく必要があると考えています。

 

政府も働き方改革と訴えています。先月は過労死防止啓発月間でもありました。私たちは既に法案も提出済みであり、国会も延長され、審議時間も確保できる。なのに、延長を奇貨として最初に手を付けたのは豪華リゾート施設でのカジノの環境整備。

 

私は強烈な違和感を覚えています。

 

こんなことがまかりとおらないような緊張感を、政治にもう一度取り戻していきたいと強く思っています。

 

まじめに働く人の声、ご家族の声、生活者の声を代弁する、もう一つの選択肢に私たちはなりたいと考えています。

 

信頼回復の道のりは依然として厳しいと実感する日々ですが、もう一つの選択肢になれるよう、これからも全力でがんばっていきたいと思います。

ひろしま国際平和マラソン

スポーツの秋。地元西区を走るひろしま国際平和マラソン。今年は10キロに参加すべく週末の早朝のジョギングの距離を少しずつ伸ばしておりました。10キロ以上の大会は高校生の時の学校行事(宮島マラソン大会)以来。タイムは55分24秒。なんとかキロ5分台。応援してくれた妻と娘に感謝です。来年は家族で走れそうなコースも楽しそうだなあと感じました。ゴール後におしるこを提供してくださった南観音の町内会のみなさんをはじめ、大会関係者のみなさん。おかげさまで、スポーツの秋を堪能することができしました。ありがとうございました!

 

遅めの昼を食べ、着替えを済ませ、街頭活動に。まさにつるべ落とし。暗くなるのが本当に早くなりした。

30000

背番号26が広島伝説になった1979年の日本シリーズ第7戦、江夏の21球は小学2年生の時でした。

 

民進党の松本大輔です。

 

カープと違って厳しい展開が続いていますが、石井琢朗コーチの打撃改革を見習って、バッターもランナーもチーム一丸となって、時には執念のセカンドゴロで進塁打にする、コツコツ一点ずつ取り返す。そんな全員野球で交代した党首を盛り立てて、少しずつ劣勢を跳ね返していきたいと思います。

 

石井コーチの改革は秋のキャンプの2万本の素振りから始まりました。私もまた打席に立てるよう、コツコツ地域を歩くという基本を忘れず頑張っていこうと思います。

 

浪人生活もはや3年10か月。娘も4歳になり、私がお伺いしたお宅も目標としていた3万軒をようやく超えました。この間のみなさまのご理解とご協力に心から感謝を申し上げます。

 

今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

 

黒田投手の勝利と32年ぶりの日本一を祈りつつ。