松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

もう一度まっすぐに、ひたむきに。

過激派「イスラム国」とみられる集団が日本人2人を拘束し殺害を警告する声明を公表しました。ニュースで映像を見るたび、祈るような気持ちでお2人の一刻も早い救出を願わずにはいられませんし、代表も申し上げているとおり、民主党としても政府に協力できるところはしっかりと後押ししていきたいと思います。

さて、落選から1か月以上が経ちました。温かい励ましと限りない勇気をお与えくださった皆様に、なんと申し上げたらよいのか。そのことを考え続けた1か月でした。少し長くなりますが、お付き合いいただければ幸いです。

投票日の翌朝、いつものように西広島駅に立ち、このたびも多くの皆様から声をかけていただきました。五日市、大竹、新井口、宮内串戸、庚午橋、3号線下・・・いつもの場所に立つたび、本当に多くの励ましを頂戴しました。感謝の言葉もございません。

ご承知の通り、民主党は岡田新代表のもと、再スタートを切りました。代表選の期間中、岡山で開催された岡田さん・長妻さん・細野さんの3氏による討論集会に、私も県連役員として参加しました。非常に聞きごたえのある集会でした。最前列に座った私の目の前で、今まさに真剣な論戦を繰り広げている3人が3人とも、当たり前のことですが、みんな同じ民主党の仲間である。その単純な事実に、私は心の底から嬉しくなりました。

山口の平岡秀夫さんのお言葉を借りれば、覚悟、切れ味、若さ。みんなそれぞれ持ち味があって、それぞれに素晴らしい。そして、その3人がみんな自分たちの仲間であるという当たり前の事実が、私には、なんとも頼もしいことに思えたのでした。6年前、我々に政権を託してくださった皆様が期待されていたのも、きっとこういう溌剌さや自由闊達な党風にあったのだろうと感じました。

私は衆議院予算委員会のテレビ中継で、この3人が同じ日に質問に立つ場面を想像しました。実に魅力的なクリーンナップに思えました。幹事長には枝野さんもいます。野田さんも、前原さんも、馬淵さんも、みんな民主党の仲間です。カープの緒方監督が現役だった96年のビッグレッドマシンを彷彿とさせるような、相手党首に緊張感を与えるに十分なオーダーも本来は決して夢ではありません。閣僚も経験され、建設的提案も行いうる論客ぞろいです。

代々政治家の家というわけでもなければ、それぞれ個性豊かで、カラフルで、実に頼もしく、そして愛すべき仲間たち、先輩たち。ボディビルダーもいれば、鉄っちゃんもいます。DはDiversity(多様性)のDでもあります。完璧な人はなかなかいないかもしれないけど、でも、だからこそ梁山泊は面白いし、ワンピースだってそうかもしれません。互いの足らざるところを助けあい、補い合える。私たちは仲間です。多様性と共生は民主党のキーワードです。

そんな多彩な顔ぶれの中から、今回は3人の中から、選ぶことができる。選べるっていいことだなあと思いました。しかし残念なことに、民主党そのものが、もう一つの選択肢となりうるだけの信頼を未だ取り戻せていません。もちろん、私自身も同様です。このことを改めて肝に銘じなければ、二度の敗北の意味はありません。

政治には緊張感と選択肢が必要です。そのためにも、長く険しい道のりを謙虚に地道に歩き続けていくことが求められています。全国の党員・サポーターの皆様にご参加いただいた代表選で出た答えとは、まさにそのことだったとも感じています。

原点回帰で、まっすぐでひたむきな岡田さんを選んだ今回の代表選。憂いや叫びや祈りにも似た願いを受けとめていくもう一つの選択肢として、選びうる民主党への再生が試されています。今後ともご指導ご鞭撻を賜れれば幸いです。

いつも温かい励ましと限りない勇気を与えて下さる皆さんへ
松本大輔拝

出初め式

1月5日は広島市の消防出初式でした。

昨年は8月に大規模土砂災害がありました。殉職された消防職員さんんもいらっしゃいました。
改めてご冥福をお祈りしますとともに、職員、団員の方々のご尽力に心から敬意を表し、感謝を申し上げます。
今年が穏やかな年になることを祈りつつ。

12月22日

今朝は大竹駅に立ちました。雪でした。
学生の方々も今日が終業式とのこと。
今年も1年皆様に本当にお世話になりました。
ちょっと気が早いかもしれませんが、いつもマイクでお騒がせしてきた駅周辺の皆様に年末のご挨拶を申し上げました。皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

落選

松本大輔です。私の力不足でこのような結果となってしまいました。
夜中まで比例復活を信じてくださった方々に報いることもかなわず、最終的に4800票足りず落選しました。
繰り返しになりますが、ひとえに私の力不足です。
一度失ってしまった信頼を取り戻すことの難しさを改めて痛感しております。
皆様のご支援にお応えすることが出来ず、まことに申し訳ありません。

開票日の翌朝、12月15日は、いつも通り、西広島の駅前に立ちました。

大勢の方からお声をかけをいただきました。

公職選挙法の関係で、ここにその意を尽くすことはできませんが、本当に・・・

選挙最終盤

2週目は大きな会場での演説会が続きました。
それぞれあふれるほどの方に足を運んでいただき、感謝しかありません。

12月10日、大竹のアゼリアホールには野田前総理にお越しいただき、
激励のお言葉をいただきました。
DSC_0552

DSC_0559
DSC_0582

12月11日には廿日市市にあるさくらぴあで演説会を行いました。
広畑市議にもいつも温かいエールをいただいています。

DSC_0661
DSC_0712
DSC_0714



選挙戦も折り返し

昨日で折り返し、後半戦に突入です。
今日までの活動を振り返って。
なお、Facebookの「松本大輔事務所」では日々更新を行っています。
Facebookをご利用の方はぜひご覧ください。
 
出発式
 出発式。多くの皆様にお集まりいただき、元気よく出発させていただきました。

etajima
 江田島にて。仲間がたくさん応援にきてくれました。

ゆめタウン大竹
大竹にて。雨も上がり、街頭演説中のビラ配りもできるように。

宮島1

 宮島2
宮島にて。後ろの山が真っ白。冬の選挙は寒くて凍えそうですが、毎日必死に演説中です。

井口台
 井口台の交差点にて。車から子どもたちの声援を受けながら。

後半戦も、街頭演説を沢山行います。
お見かけの方は耳を傾けていただけますと幸いです。 

個人演説会のご案内

選挙期間中、各地で直接、皆様にお話しさせていただきたく、
以下の日程、場所で個人演説会を行います。
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

12/4(木)18時30分〜

会場…三菱組合会館(広島市西区観音新町4-8-2)

12/5(金)18時30分〜
会場…柿の浦集会所(廿日市市宮島口東2-12)

12/6(土)18時30分〜
会場…もみじが丘集会所(広島市西区己斐上2-37-5)

12/7(日)18時00分〜
会場…楽々園公民館(広島市佐伯区楽々園5-8-32)

12/8(月)19時00分〜
会場…河内公民館(広島市佐伯区五日市町上河内537)

12/9(火)18時30分〜
会場…西区民文化センター(広島市西区横川新町6-1)
応援弁士…蓮舫参議院議員
※手話通訳あり

12/10(水)18時30分〜
会場…あぜりあホール(大竹市本町1-9-3)
応援弁士…野田佳彦前総理
※手話通訳あり

12/11(木)19時00分〜
会場…さくらぴあ(廿日市市下平良1-11-1)
※手話通訳あり

12/12(金)19時00分〜
会場…五日市公民館(広島市佐伯区新宮苑11-14)
※手話通訳あり 

もう一つの未来へ

松本大輔です。悔しさから始まった2年間でしたが、今は澄みきった感謝の気持ちで一杯です。

大輔という名は、祖母がつけてくれたものです。

私が七歳のとき、ガンで他界しましたが、大きな輔(たすけ)になれとのメッセージは、今も私を励まし続けてくれています。

8月の大規模土砂災害では、誰かの役に立てるならと、私を含め多くのボランティアが駆けつけました。

東日本大震災の復興財源は、復興増税という形でみんなで支えあい、分かちあっています。

心苦しい消費増税も、親にも子にも安心して長生きをという第一歩でした。

誰かの役に立てること、子や孫やまだ見ぬ次世代、誰かのために生きていく喜びと誇り。

株価最優先ではない、もう一つの未来、もう一つの幸せを作りたい。たとえ一歩ずつでも。

もう一度、一緒に変えていきませんか。共に生きる未来のために。

Be a Driver.

松本大輔です。我が家の車はラディアントエボニーマイカのデミオです。

今回の衆議院選の費用は631.83億円。自動車取得税が年間1900億ですからその3分の1をしめる巨額のお金です。たとえばマツダさんなら前期の経常利益の半分弱。額に汗して一生懸命働いて稼ぎ出す経常利益の半分弱にも匹敵するお金。だからこそ選挙は大事です。

争点の一つには税制もあります。私は重量税が導入された年に生まれました。3年後暫定税率が導入されて、以来、ずっと引き下げはありませんでした。自動車が一家に一台あるかどうかという時代のままでした。当時の担税力に着目された課税のままでした。

私もすでに43です。地方ではもはや生活必需品です。そういう声の中、みなさんに応援いただいて重量税の暫定税率、当分の関税率を6300円→4100円に引き下げ 暫定税導入以来初めてとなる歴史的引き下げを行うことができました。


また、エコカー減税を見直して、取得税、重量税の免税対象を広げることもできました。ハイブリッド車に限らず、ガソリンエンジンの車についても、燃費が良いもの、環境負荷の低いものについては、きちんと評価していこう、エンジンの構造ではなく、性能ベースで、パフォーマンスベースで評価していこう、免税対象にしよう、そういう見直しも行いました。

もちろん宿題も残っています。取得税廃止、車体課税抜本見直し。今回のマニフェストにも掲げています。
代替財源として自動車関連諸税の増税は行わないと明記しました。

2年前、我々の未熟さもあって政権が戻ってしまいました。軽自動車増税が行われました。重量税については道路特定財源の復活ともとれる一文が税制改正大綱には盛り込まれました。

自動車の損を自動車で取れ、減税より道路。こういう生活者を無視した政策をもういちど、戻していく必要があると考えています。

道路より家計、道路より暮らし、株価より暮らし。

地方で暮らす生活者、働く人の立場に立った政治へと、もう一度変えていくために、前回の反省、教訓もふまえ、がんばっていきたいと思っています。

派遣法の改正は消費の強烈な下押し圧力をかけかねません。現在と将来の購買力をそぎ続け、国内市場を縮小させ続けることにもなりかねない。だからこそ、生活者、消費者、働く者の立場に立った政治が必要です。

私はBe a Driver.というコピーが実は大好きです。主体的、能動的に何かを動かしていく。ある状態を作り出していく。大切なのは、どうなるかではなく、どうするかです。

DはDoのDでもあります。「どうなる」より、「どうする」のDでもあります。

もう一度、みなさんといっしょになって変えていきたい。生活者、働く者の立場に立った政治への転換をもう一度図っていきたい。

がんばります!!

労働法制

派遣法改正案。解散で廃案になった。しかしもし仮に与党が圧勝するようなことがあれば、これも含めて国民の声は聴いた、信任されたとなることは必定だ。

派遣法という名前ではあっても、これは正社員の方にとっても、決して無関係な話ではない。無期限に派遣社員に任せていい仕事が、通訳や秘書といった専門の26業務から、全ての仕事へと広がり、正社員から派遣に置き換える企業が増えるのではないか、そういった懸念は拭えない。

もちろん今派遣で働いている方にとっても、その6割は正社員で働くことを希望されているが、今回の法案には均等待遇の確保もなく、このままでは生涯派遣で低所得と言うことにもなりかねない.

こんな法改正をやれば、消費にも強烈な下押し圧力をかけることになりかねない。
現在と将来の購買力をそぎ続け、国内市場を縮小させ続けることにもなりかねない。

ただでさえ実質賃金は15か月連続で低下をしているのに、駆け込み需要の反動減の戻りが鈍いということが心配されているのに、この上、派遣法の改正を行って雇用そのものまでこの先どうなるかわからないとなれば、将来不安はますます高まって、財布のひもは益々固くなって、消費の回復やデフレ脱却にとってもむしろ逆効果ではないだろうか。


人口減少問題への取り組みという観点からも、その背景の一つには若者の貧困があって、経済的理由で結婚や出産や子育てを断念せざるを得ないという人たちへの政策をしっかり打つべきなのに、派遣法の改正を行って不安定な働き方を一層奨励しようというのは方向性として正反対ではないだろうか。

方向性として正反対と言えばホワイトカラーエグゼンプションについても同様だ。仮にこのような制度を導入する場合であっても、たとえばEUにはインターバル規制というものがある。終業時刻と翌朝の始業時刻の間に11時間の連続した休息時間を確保しなさいというものだ。

しかし政府がこれまで示した考え方にこのようなインターバル規制はない。つまり際限なき不払い残業、ブラック企業の合法化にもへたをするとつながりかねない。

過労死防止法もようやく施行されたのに、過労死や自殺、心の病を防ぎ、命と健康そしてご家族を守るための長時間労働への歯止め規定を悪しき岩盤規制ととらえる考え方そのものに強い違和感を覚えざるをえない。

企業が世界で一番活躍しやすい国を標榜されるのも結構だが、株価より命、株価より暮らし、株価より雇用だ。

まっとうな暮らしと雇用を守るため、今回のような労働者保護ルールの改悪は容認できない。

●松本大輔プロフィール
●所属委員会
元・文部科学委員会(理事)
元・決算行政監視委員会(筆頭理事)
元・政治倫理審査会(監事)
元・社会保障と税の一体改革に関する特別委員会(理事)
元・安全保障委員会
元・内閣委員会(筆頭理事)
元・法務委員会
元・教育基本法特別委員会
元・教育再生特別委員会
元・政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
●党員・サポーター募集中

党員・サポーター登録受付中!


・民主党員になりたい
・サポーターになりたい
・ボランティアで手伝いたい
・紹介したい人がいる
・カンパ・献金したい


民主党の党員・サポーターは、民主党を応援したい日本国籍をお持ちの18歳以上ならどなたでもなれます。(選挙区外の方でもOK)
プレス民主号外広島2区版がお手元に届く他、2年に1度の党代表選挙に郵便投票で参加することができます。
年会費は党員6000円、サポーター2000円です。
党員・サポーターの申込みはコチラから!

●個人献金のお願い
虚心坦懐。もう一度、信頼頂ける政治家となるべく、原点に返って活動して参ります。
しかし財政的には大変厳しい状況です。ぜひ、皆様からのご寄付をお願いいたします。
日本の明日と未来のために、子や孫たちに安心して手渡すことのできる日本を創るため、ぜひご支援下さい。
詳しくは下のバナーをクリックし添付ファイルの申込書をご確認下さい。

申込用紙

●メルマガ購読者募集中!
●月別アーカイブ
●ギャラリー
  • 選挙最終盤
  • 選挙最終盤
  • 選挙最終盤
  • 選挙最終盤
  • 選挙最終盤
  • 選挙最終盤
●記事検索