松本大輔のホームページ

前衆議院議員 松本大輔のホームページ

10.19(じゅってんいちきゅう)とイクメンの日

今日はイクメンの日。10は父さんの「とお」、19はイクメンの「イク」とのこと。
仕事に出かける前に娘を早朝の散歩に連れ出そうとしたのですが、あっさりフラれ、さきほど汚名挽回とばかりにお父山(おとうさん)登りとお風呂を済ませようやく一抹のプライドを取り戻したところです。
これからもめげることなく、毎日がイクメンの日の心意気でがんばりたいものです。

さて、10月19日と言えばあの「じゅってんいちきゅう」という方もいらっしゃることと存じます。

26年前の10月19日。近鉄対ロッテの川崎球場ダブルヘッダー。ちょうど修学旅行だったので夕食時は1戦目の勝利を仲間がこっそりしのばせたラジオで知り、2戦目はみんなでテレビにかじりつきました。

翌年、近鉄はこの日の悔しい思いを西武とのダブルヘッダーではらし、見事優勝したのでした。

江夏の21球ばりのこれぞレジェンドです。
阿波野投手、ブライアント選手、仰木監督。この88年、89年ばかりはパリーグでは近鉄を応援するという人も多かったと思います。

そのとき近鉄の2番バッターだった新井さんは今や広島の打撃コーチでもありますし、カープにもぜひ、来年は雪辱を果たしてもらいたいものです。

話をイクメンの日に戻します。

子育て中の父親の一人として、この国会でぜひ成立してほしいと切望しているのが、今月10日民主党等が提出した危険ドラッグの規制法案、薬事法改正案です。

危険ドラッグの販売店は9月末で78店舗まで激減したとの報道もありましたが、逆に言えば今もまだそれだけの店では「危険」ドラッグが売られてしまっているということです。

今月最初には香川県で娘さんをなくされたご遺族の方が厚労省に危険ドラッグを絶滅させてほしいとの悲痛なおうったえをされたとの記事もありました。

1月に亡くなったのは小学5年生の女の子。わずか11歳でした。危険ドラッグを吸引した男の運転する車にはねられ、幼い命が奪われたという大変痛ましい事件でした。

もう二度とこのような悲劇がおきることのないよう、こんなドラッグが「合法ハーブ」や「合法ドラッグ」と称して売られている現状を抜本的に改めていかねばなりません。

そのために、指定薬物として特定されるまでの間隙を埋める、まずは「危険薬物」として少なくとも販売や製造をやめさせる、成分が特定されていなくても人体に有害である恐れがあればその時点で少なくともいったん中止させる、命令に従わない場合の罰則(3年以下の懲役または300万円以下の罰金)ももうけ、実効性を担保する。検査結果が出て、成分や化学式が特定されれば改めて指定薬物として所持も禁ずる。製造や販売も中止ではなく禁止となる。こういう二段構えの構成に改めることですき間を悪用させない、いたちごっこを繰り返させないということです。

土砂災害防止法改正もそうですが、この薬事法改正についても与野党が対立する中身ではありませんので、修正協議などを行えばどこかで合意点を見いだせる話のはずです。

我々野党が提出している法案ではありますが、ぜひ早期の成立に向けて与党の支援者の方にもこの薬事法改正については協力すべきだという声を挙げてほしいものだと思っています。

Webニュース2014年10月16日発行

Webニュース2014年10月16日号を発行いたしました。
ぜひご覧ください。 
 スライド1
スライド2

ドラゴンフライズ

image
image
image
image
image


今年も秋の運動会と公民館祭りのシーズンが到来。

朝は大野西市民センター祭りへ。革小物の型押しを体験させていただき、美味しいコーヒーとにんじんケーキを堪能しました。

母校、津田保育園へ。運動会。竹馬に乗った後輩たち。その雄姿に感動。自分の背丈と同じぐらいの高さに足がついているような竹馬に乗り、つま先荷重で前へ前へ。ゴールも前へ倒れていきながらマットに着地する設計。最後まで前へ前への姿勢に勇気をもらいました。怖さを克服するため、たくさん練習したんだろうなあということが伝わってきて、拍手にも熱がこもります。私が園児だったころの先生とも偶然の再会。楽しい運動会になりました。

古田公民館祭り、ふるた遊・友フェスタへ。活動紹介の展示を拝見し、昼食にうどんを一杯。地域の人にもお声かけ、激励をいただき、おなかも心も満たされました。

母校、観音小へ。広島地区の小中学校特別支援学級連合運動会。ダンス、おんぶ競争、さかなつり競争を拝見しました。市内では2つの小学校に分かれて連合運動会が開催されており、その一つが観音小。旧制二中から受け継ぐ大きなグラウンドが自慢の一つでもある観音小の卒業生としては、毎年楽しそうに体を動かしているたくさんの児童生徒の姿を観ると嬉しくなります。

プロバスケットボールチーム、広島ドラゴンフライズの地元開幕戦へ。宮島トンボにちなんで、チームカラーも宮島の鳥居の朱色。朱色のもので何か身に着けられるものはないかと思案した挙句、一番近いかなというオレンジのネクタイを今日は選んで行きました。私も元けいじゃあの端くれ。久しぶりに生のゲームを観戦しやはりバスケは面白いなあと再認識しました。しかも見事勝利をおさめてくれました!広島出身の岡崎選手、仲摩選手もこれからどんどん活躍してほしいなあと思います!がんばれDなチーム、ドランゴンフライズ!♪Here we go, Dragonflies,here we go! カープも明日こそ!

一ヶ月が経過して

9月20日。あの日から一ヶ月。市役所の一階ロビーに設置された市と県の合同の献花台に私も献花をさせていただきました。犠牲となられた74人の皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された多くの皆様に心からお見舞いを申し上げます。

今なお避難所生活を強いられていらっしゃる約40世帯の方々のうちの約30世帯は移転先も決まり、準備が整い次第移られる見込みが立った、道路の土砂の撤去はほぼ完了。宅地の土砂についても、立ち入り制限がかかってきた八木等のエリアも含め遅くとも11月には撤去完了といった報道がありました。当面の復旧についてはこの一ヶ月で進捗が目に見えてきて、一段落しつつある印象です。

これからは重機が必要なエリアの土砂撤去、子供たちをはじめとした心のケア、高齢者の方々の問題などこれまでの復旧から生活再建に軸足は移っていくのかもしれません。市議会や県議会ではこれまでの警戒区域指定の遅れや防災スピーカーの未設置といった行政の不作為の検証も進んでいくものと思われます。

危険箇所数が多いからとはいえ、同じように危険箇所が多い島根県、山口県、兵庫県では警戒区域の指定が進み、広島ではなぜ進んでこなかったのかについての合理的説明とはなっていません。

色んな事情はあったにせよ、広島で15年前に発生した6.29豪雨災害を契機とした土砂災害防止法だけに、少なくとも他県との比較検証は冷静に行われる必要があります。

県民の生命と財産を守り、暮らしの安心を取り戻していくために、これからも県連一丸となって頑張っていく所存です。

プレス民主号外2014年9月15日版発行

プレス民主号外の2014年9月15日版を発行いたしました。
集団的自衛権の閣議決定の問題点についてまとめたものです。
ぜひご覧ください。

号外2014年9月15日号表
号外20140915裏
 

一日一力一心

昨日は先輩や仲間たちと八木4丁目へ。床下の泥のかきだし。他のボランティアの方々とともに総勢40名ぐらいのチームとなりました。朝9時から午後2時半までにざっと見た感じでも土嚢換算で200袋を超える量だったように思います。機械も入れない、人が文字通り地を這うようにして手作業でかき出すという忍耐強い取り組みの積み重ねでもあります。ご本人たちだけでは到底こなせるものではありません。側溝もなんとか開通したところで八木サテライトに帰還。4000軒を超える住宅が被災され、一軒の床下だけでも40人が1日がかりでようやくというペースなら単純計算で16万人日。3区の橋本さんのお話によれば11日までに累計約3万人のボランティアが入られたということですが、それでも復旧への道のりはまだまだ道半ばです。被害には軽重があるでしょうが、要するにボランティアを基本にやっていくとすれば、(お待ちいただいている方には大変心苦しいことですが)、息の長い取り組みとならざるをえないのではということです。ボランティアの受け付けが10分で締め切られ、落胆され帰路に着かれた経験をお持ちの方も大勢いらっしゃると思います。しかし、それでもまた来ようというあなたの力を待っている方がいます。一日一力一心、百万一心の広島人の心意気がこれからも求められてるように思います。依然として50世帯、100人超の皆さんが苦しい避難所生活を強いられている中で申し上げるのはどうかというところもありますが、復旧を支えたいという側の支援も重要です。サテライトで資器材の受け渡しなどをしてくださったスタッフの方々、ボランティアセンターで振り分け等を担当されている社協等の方々のシフト等も含め、持続可能なバックアップ態勢いかに構築していくか、行政との役割分担はどうあるべきか、市議や県議の先生方との連携を一層密にしながら考えていかねばならないと痛感しています。

避難所へ

避難所になっている梅林小を訪問。お掛けすべき言葉が見つからないというのが正直な気持ちでしたが、私の手を握り、「道を何とかしてほしい」」と、涙ながらに悲痛なおうったえをいただき、また「誰も来てくれんのかと思っとった。ホッとした。」と仰っていただきました。ぐっと胸に迫るものがありました。

今日は党本部から大畠幹事長と元防衛副大臣で現在は党の災害対策の責任者でもある長島昭久代議士、広島組は柳田稔県連筆頭副代表を中心に地元の橋本総支部長、松坂・森本両広島市議、瀧本・福知両県議、そして私というメンバーでした。避難指示などで立ち入れない地域もありましたが、県営住宅等のある安佐南区八木3丁目、救助活動中の消防職員の方が3歳のお子さんとともにを土石流の犠牲となってしまった可部東6丁目等も訪問し参加者一同で黙とうをささげました。

市の災害対策本部で、詰所で、そして現場で今日も本当に大勢の皆さんが頑張ってくださっていらっしゃいました。連日懸命の救助活動に当たられている消防、警察、自衛隊の皆さんのご尽力に改めて心から敬意を表し、感謝を申し上げる次第です。

今なお行方の分からない方々が一刻も早く発見救出され愛するご家族のもとにお帰りになられることを切に切に祈りつつ。

大規模土砂災害

未明から今朝にかけての大雨による大規模土砂災害で、広島市では18人の方が亡くなられ、13人の方が行方不明と報じられています。
また、ついさきほど救助活動中の消防署員の方が活動中に命を落とされたとの報道がありました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、今なお行方が分からなくなっている方々が一刻も早く発見、救助されますことを心からお祈り申し上げます。

懸命の捜索、救助活動にあたられている消防、警察、自衛隊などの皆様におかれましては、そのご尽力に心から敬意を表し、感謝を申し上げる次第です。

今後も土砂災害、浸水、河川の増水、氾濫には厳重な警戒が必要です。
県連としても、代表の森本参議院議員、筆頭副代表の柳田参議院議員の両国会議員を中心に、地元の橋本総支部長、県議、市議の先生方、さらには党本部とも連携を密にしながら全力を尽くしてまいる所存です。

終戦の日に

今日は69回目の終戦の日。民主党政権が取り組んだことの一つに、政府によるご遺骨帰還事業の推進があります。日本にありながら、いまだに1万3千柱(当時)もの英霊達のご遺骨が眠っていた硫黄島。

これまでご遺族やNPO、ボランティアの方々等を中心に行われていたこのご遺骨の帰還事業に政府が中心となって取り組む。一日も早い帰還を。その思いで2010年8月には阿久津内閣府政務官をリーダーとする特命チームを発足させ、調査の結果、アメリカ公文書館の文書に島内2か所に計2200人規模の集団埋葬地らしき記載があったことを突き止めました。それによりご遺骨収容事業は大幅に進展。この年だけで815柱のご遺骨の発見につながりました。(過去5年の平均は約50柱。)

同年12月14日には、菅総理は同島天山慰霊碑(硫黄島戦没者の碑)に開催された戦没者追悼式に出席され追悼の言葉を述べられました。私もこの日防衛政務官として自衛隊の輸送機で硫黄島を訪問し、限られた時間ではありましたが、ご遺骨の収容に参加させていただき、その後菅総理、阿久津内閣府政務官、菊田外務政務官、岡本厚労政務官らとともに戦没者追悼式と出席させていただきました。また翌年2月1日には千鳥ヶ淵戦没者墓苑で開催された硫黄島戦没者遺骨引渡式にも防衛政務官として参列しました。慰霊碑下の塹壕の入り口に立った時の熱気は今も忘れることができません。

300万人を超える日本人が命を落としたという何より重い事実。いかなる理由を並べたてようとも、指導者の責任は免れうるものではありません。謙虚lに歴史に学び、過ちを繰り返さない。これは政治に身をおくものとしての最低限の責務だとも考えています。

詳細は先日のブログをご参照いただければ幸いですが、今年は鹿屋、知覧を訪問し、兵士の世話をしていた当時の女学生の方の証言VTRを拝見することができました。また、今朝のニュースでは、知覧に展示されている特攻隊の遺書の裏にある心の葛藤をいかに伝えるかということにも力がそそがれ始めているということも拝見しました。また、これも先日のブログでご紹介させて頂いた通り、今年は県被団協の坪井理事長からも改めて被爆

体験をお伺いしました。鎮魂と痛烈な反省と未来への責任。政府の全国戦没者追悼式に合わせ、正午に黙とうを捧げました。

原爆の日に

2002年に活動を開始して以来、この日に朝からこんなに雨が降ったことは記憶にありません。静かに鎮魂の祈りを捧げました。

夕方の地元のテレビでは広島の復興の様子を描いた未公開映画が発見されたとの特集を報じていました。被爆者の平均年齢が80才になろうとするなか、被爆体験や復興の記憶を風化させないことの重要性は年をおうごとに切実なものになりつつあります。ぜひ証言ビデオや今回の復興の映像をアーカイブとして集め、ネットワーク配信も含めて広く公開してほしいものだと思います。

以前ブログでもご紹介した通り、今年は3月に改めて県被団協坪井理事長や田邊非核特使といった方々から被爆体験をお伺いしたことは、広島の思いを再確認する大変貴重な機会になりました。

被団協の坪井理事長は20の時に被爆をされています。8月6日の原爆投下の後、おそらく数時間後だと思うが(10時過ぎに)軽トラックがやってきた。軍人がやってきて、若い男性はその軽トラにのせ救助されたが、女性や高齢者、こどもは助けてもらえなかった。トラックに乗せてもらえなかった。

自分は20の若い男性だからトラックに乗せ救助された。それは若い男性なら再び戦地に送ることができる戦力になると考えたからではないかとおっしゃっていました。

自分が救助された後、女の子がその軽トラックにのせてほしいとやってきた、しかし軍はそれを許さなかった。女の子は助けてもらえず、泣き叫びながら炎の燃え盛る方向に走って行ってしまった。その子を助けてやりたくても、重傷を負った自分にもどうすることもできず、それを見守るしかなかった。

そんなつらい経験を話してくださいました。また、非核特使の田邊さんからは、原爆投下の翌日、福屋デパートのあたりで亡くなったお母さんの乳を吸い続ける赤ちゃんを見た、自分はまだ7歳だったけれども、この赤ちゃんはこのあとどれだけ生きられるのだろうかと子供ながらに思ったというお話をしてくださいました。

一人の父親としても、お二人の被爆体験は胸に迫るものがありました。

私は広島生まれの広島育ちです。祖母は被爆者でもありました。私が小学校1年のとき、祖母は60才で癌でなくなったため、残念ながら直接原爆の話を祖母から聞くことはできませんでしたが、当然のようにはだしのゲンも読みましたし、いわゆる平和教育もありました、資料館にも何度も訪れました。

それでも、大人となり、家族を持ち、親となって改めて被爆者の方から直接被爆体験を伺うということは、子供のときとは当然ながらまったくその意味合いが違うように思います。

夫としての目線、親としての目線、自らも親となり改めて自分の両親を思いやる目線。成長するというのは共感の幅が広がるということなのかもしれません。

私は以前にも東京の被団協の方から、ご自身の被爆体験を伺ったことがあります。原爆投下の後、家がつぶれ母親が屋根との間に挟まれたまま逃げられなくなってしまった。

炎も迫る中、母親は自分に逃げろと言った、自分はまだ小さかったし、怖くなって逃げた。翌日行ってみると亡くなったお母さんと対面することになってしまった。

淡々と語られる中にも、いったいぜんたいこの筆舌に尽くしがたい体験をされながら、どういう思いで60年以上を過ごしてこられたのか、そのつらさは想像するに余りあると感じました。

やはり実体験としての生のお声ほど、核兵器の非人道性を雄弁に伝えうる手段は他にないし、その意味で被爆体験の継承は、小中学生への教育ということもさることながら、すでに実社会に出た我々大人にこそ重要ではないだろうかと、被爆者の平均年齢が80才に近くなった今、被爆体験を風化させることなく、後世に引き継いでいくことの重要性を改めて反芻しているところです。

雨の中の式典は43年ぶり、つまり私が生まれた翌日の式典以来だったようです。この大雨で大竹では崖崩れや浸水がおこっています。被害にあわれた皆さまに心からのお見舞いを申し上げますとともに、市議、県議の先生と連携を密にしながら、二次災害の防止と早期の復旧に万全を期して参りたいと存じます。
●松本大輔プロフィール
●所属委員会
元・文部科学委員会(理事)
元・決算行政監視委員会(筆頭理事)
元・政治倫理審査会(監事)
元・社会保障と税の一体改革に関する特別委員会(理事)
元・安全保障委員会
元・内閣委員会(筆頭理事)
元・法務委員会
元・教育基本法特別委員会
元・教育再生特別委員会
元・政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
●党員・サポーター募集中

党員・サポーター登録受付中!


・民主党員になりたい
・サポーターになりたい
・ボランティアで手伝いたい
・紹介したい人がいる
・カンパ・献金したい


民主党の党員・サポーターは、民主党を応援したい日本国籍をお持ちの18歳以上ならどなたでもなれます。(選挙区外の方でもOK)
プレス民主号外広島2区版がお手元に届く他、2年に1度の党代表選挙に郵便投票で参加することができます。
年会費は党員6000円、サポーター2000円です。
党員・サポーターの申込みはコチラから!

●個人献金のお願い
虚心坦懐。もう一度、信頼頂ける政治家となるべく、原点に返って活動して参ります。
しかし財政的には大変厳しい状況です。ぜひ、皆様からのご寄付をお願いいたします。
日本の明日と未来のために、子や孫たちに安心して手渡すことのできる日本を創るため、ぜひご支援下さい。
詳しくは下のバナーをクリックし添付ファイルの申込書をご確認下さい。

申込用紙

●メルマガ購読者募集中!
●月別アーカイブ
●ギャラリー
  • Webニュース2014年10月16日発行
  • Webニュース2014年10月16日発行
  • ドラゴンフライズ
  • ドラゴンフライズ
  • ドラゴンフライズ
  • ドラゴンフライズ
●記事検索