前へ
次へ

障害児童の為の、これからの教育

先日テレビのニュースで、東京都の、市立中学校、全ての学校に、支援学級を設置する事を実施するという報道を耳にしました。既に、以前から取り組んでいる中学校もありました、このように全学校に設置するという事は、やはり、何らかの障害児童の人数が増加している事に要因はあるのかもしれないと感じました。既に、市立中学校に支援級を設けている学校の他にも、完全な、支援を対象とした、養護学校と言う、独立している学校も、現在は存在しています。どちらの学校を選択するか、児童の父兄が考え、決定すると思われますが、勿論どちらかベストなのか、悩んでいらっしゃる父兄の方の、相談出来る方法もあるのではないかと思われます。やはり、子供の状態を素直に受け止めて、最善の方法を選んであげる事が一番の教育に繋がると感じます。その様な支援の教育は、早ければ、早いほど、良い結果を生み出すに違いないのではないかと考えます。将来大切な子供が自立出来るようには、親御さんともども、学校の先生方や、周りの協力が必要では以下と考えます。

Page Top