だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

撤退

宮内串戸で朝立ち。

廿日市市、大野町の首長、自治体議員の方々にご挨拶。閉会中ながら何人かの方々にはお会い頂けた。会派、政党は違えど、お互い同じ郷土を愛する政治家。もちろんいつも同じ結論に至るとは限らないが、地域の実情を知る先輩方には、色々教えて頂きながら頑張っていくつもり。自らの信念を持つのは当然のことであるが、松下幸之助も「衆知を集める」ことの重要性を再三指摘している。

ワークピアで連合広島、労福協の旗開きに柳田参議院議員佐藤和田両代議士とともにお招き頂く。佐藤さんは相変わらず面白い。「夏の陣」目指して全力を尽くすことを誓い合う。

大竹へ。市長、議長にご挨拶。O先生にはいつも勝手なお願いばかりしている。この日もツインタワー1号さんの例によって「強引な」お電話のおかげもあり、急な往訪にも快く応じてくださった。

一路湯来へ。玖波から松ヶ原を通り、最短距離で。よしよし。旧佐伯町経由で、あともう一息。と思ったのもつかの間。「地図の上ではこっちの方が近そうだ」と、松本が表示の方向とは逆方向へ走ることを提案。このナビのミスにより、道はどんどん寂しい方へ。冬季凍結注意の看板。いつしか舗装もなくなり、道はどんどん細くなる。ドライバーフッチセブンと松本の運命や如何に。

最初は「これがほんとのロング・アンド・ワインディングロードだな。俺、結構こういう道好きだよ」なんて言いながら余裕をカマシテイタ二人も、愛車「のしろなお」が、凍結した坂道を上れないという事態にいたり、さすがにコトの重大性を認識。何よりガスがない!!! メーターは既に「E」まで振り切っている!!

右は山肌、左は松や杉の生える斜面。ハンドル操作を間違えると間違いなく「落ちる」。方向転換も出来ないので、しばらく坂道をバックで下る。何とか少し広い道にたどり着き、方向転換完了。ガス欠にならないことを祈りながら下る。ようやく舗装してあるところまでたどりつき、ニュートラルで走る。「N」あなどりがたしである。

なんとかガソリンスタンドへ。「もうしません」と何度思ったことか。ほっと一安心。

教訓1: 人の言うこと(標識)に耳を貸そう。

教訓2: あれっと思ったら、素直に引き返す勇気を持とう。