だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

.jp

東京から広島へ。

ドット・ジェーピー(.jp)のマッチングイベントに参加。地元テレビ局、新聞社も取材に来ていた。これは春休みと夏休みの年2回、議員インターンシップの機会を提供するという趣旨で行われているもの。本日はインターン受け入れを希望する議員または事務所の代表者と、学生との面談が実施される日。

冒頭、市議会、県議会、国会の各議員または事務所の代表者からあいさつ。

実際のところがどうなのか、学生さん自身の目と耳で、直接確認、じかに触れていただくことにより、とかく「密室」、「不透明」とのイメージの強い政治を、より開かれたものにしたい。

「働く」とはどういうことか、「社会とかかわりを持つ」とはどういうことか、考えていただく機会になれば。

とのあいさつをさせていただいた。

続いて各学生と事務所との面談開始。学生さんは10ぐらいのグループに分かれて各事務所と面談。ひとつのグループは2人か3人の学生さんからなっており、ひとつのグループの持ち時間は7分。おそらく総勢30名程度の方々と面談したはず。それにしても持ち時間7分はつらい。みなさんソツなく受け答えをされるが、それ以上の突っ込んだ話が出来ない。自分の言葉で語ってもらえるような話題に十分な時間が割けない。

学生さんも「もっと説明したいのに」と思われただろうが、私も「もっと聞きたいのに」といううちに時間切れとなってしまう。なんとなくやり切れない思いが残る。

場所の確保などを担当されている事務局の方、ご苦労は、重々承知の上で書いています。どうかお気を悪くなさらぬように。貴重な機会を用意してくださって本当に有難うございました!!! やる気に満ちた(自分よりさらに若い)方々とお会いできてよい刺激になりました。負けないように頑張りたいと思います。