だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

学校へ行こう

八幡東小学校の授業参観。2時間目の授業を見学。教室ってこんなに小さかったんだというのが最初の感想。1年生から6年生まで一通り見させてもらった。「最近の学校は、保護者の方が授業中に携帯などで話す。教室の出入りも頻繁で私語も多いケースがある」というようなこと(一般論)を以前聞いたことがあったが、そんなこともなく一安心。みんなに聞こえる大きな声で、生徒の注目をそらさないよう、先生自身楽しそうに教えていれば、生徒の食いつきも違う。ということを実感。次回は2クラス分ぐらいの授業に絞って一つの授業を長く聞いてみるのも良さそうだ。中学や高校、幼稚園や塾、公立と私立、色々まわってみたい。校長先生をはじめとしたご協力いただいた先生方そして保護者の皆さん、本当に有難うございました。

倉橋島へ。宮島の管弦祭に使う御座船の新造を手がけた船大工の中本さんと面談。その道50年というすごい職人さんである。文化財保護法改正案についての現地調査の一環。匠の醸し出す「味」に触れる。

そのまま吉和へ。細見谷の建設済みルートを視察。前回昨年12月の視察時に閉鎖されていた二軒小屋以東の着工済み区間が開通していた。横川トンネルも通過してみる。実にご立派な道路が通っている。1台もすれ違わない。落石も見られる。二軒小屋まで戻り、迂回路とされる既設の道路を通って高速道をめざす。この道すら、行きはすれ違った車が5台。帰りはゼロ。高速道路とを結ぶ既設道路ですらこんな状態なのに、さらに山間部へ通じる新設林道を作ったところで、利用客などいないことは明らか。細見谷の林道はやはり不要不急の公共事業林業振興に名を借りたバラマキ型農林土木以外の何ものでもない。