だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

アルパーク

アルパークで演説。およそ2ヶ月ぶり。年金問題についてのお詫び、未納未加入対策と再発防止の徹底について、3党合意の内容と合意に至った経緯、合意無きままに政府案が走り続けた場合の問題点、政府案が問題だらけだからこそ従来から主張し続けてきた民主党案の内容、その肝でもあった一元化そして保険料引き上げへの歯止めを担保するために3党合意を図ったことなど説明。

その上で、「しかしそうは言っても政府案(原案については民主党は反対)が通ることに変わりは無いんだろう、最後の採決は多数決だからとおっしゃられるかもしれない。これほど悔しいことはないがその通りです。したがって次こそはなんとしても政権を取ってわが党の政策を実現するということを改めてお誓い申し上げたい。」ということを申し上げた。

今回ほど悔しい思いをしたことは無い。政策を作ることが政党の役割ではない。良い政策を作り、財源の裏づけも含めてその政策について責任ある議論を行なって、それを皆さんにお伝えして、ご支持を得て、選挙に勝って、政権を取って、その「政策を実現すること」こそ、政党の役割である。

今回ほどそれを痛感したことは無い。どんなに良い政策を作ってもやはり政権を取らなければ実現の可能性は低いままにとどまる。悔しい思いを重ねることになる。今回の一連の騒動は率直にお詫びするほか無い。政権を任せてやってもいいなと思っていただけるような政党へと脱皮を果たすべく、皆さんに信頼していただける政党になるべく、国会内外の活動に全力を注いでいきたい。そういったお話をさせていただいた。1時間半。配り手2人。800枚のチラシを受け取っていただいた。もう一度チャンスを与えてやるとの激励を頂いたのだと信じたい。本当に有難うございます。