だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

細見谷シンポジウム

廿日市市で行なわれた細見谷関連のシンポジウムに出席。

細見谷は廿日市市吉和にある。ここに林道を通そうという事業があることは、従来からお知らせしてきたとおり。

松本の立場は「林業振興に名を借りた、不要不急の農林土木(公共工事)」であるとして、細見谷の林道事業には一貫して反対の立場を取ってきた。

今回のシンポジウムでは、発言を求められたため、

昨年11月の選挙前に、本件公共事業に関する公開質問状を頂き、それに回答して以来の関わりであること。昨年12月に現地に視察に訪れたこと。衆議院予算委員会の分会でも農水省環境省の姿勢をただしたことなどを紹介。

その経験を踏まえ、細見谷保全のための現実的なアプローチとして2つ提案をさせていただいた。

1.地元として当該事業をどう考えているのかを農水省林野庁緑資源機構に対し明確にする必要があるのではないか

何よりも地元廿日市市の姿勢を明らかにすることが先決。来年3月には廿日市市議会議員選挙も予定されている。この好機をつかまえ、林道事業に反対している一部の団体としてではなく、「地元の皆さん」でこの問題をもう一度考えるべき。合併を予定する大野町でも編入に伴う選挙も予定されているはず。この問題についての「地元」の姿勢を明確にするのにまたとないチャンス。地元の重要課題としてもう一度考えていただきたい。肝心の地元がどうなのか、賛成なのか反対なのか意向を明確にすべき。

2.もし反対なら、細見谷周辺を「特別保護地域」に格上げしたいという要望を県から環境省に上げるよう、地元として要請してみてはどうか

1.の結果、地元として本件事業に反対、細見谷保全すべしとの立場を取るのなら、県から環境省に「特別保護地域」への格上げ申請をあげてもらうよう、地元から依頼してはどうか。

いずれにしても、肝心要の当事者たる地元としてどう考えるのか。これを明確にしない限り、この問題は前に進んでいかないように思う。