だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

雑誌デュモンについて

今週発売の「アエラ」に松本の名前が出ているページがあります。

内容は、雑誌「Dumont」2005年11月号の「等身大の国会議員たち」という企画で、永田議員他5名の民主党若手議員が取材を受けたときの経緯についてです。

なぜ、いまさらそんな記事が出ているのか。
この雑誌の発行人の方が、いわゆるメール問題について永田議員に情報を提供したと噂されているからです。

私の元にも、そのような疑いを持たれている方が発行人をつとめる雑誌で取材を受けた経緯について説明すべきではないかというご指摘を頂きました。

自らの説明責任を果たすべきとのご指摘はまことにごもっともであり、経緯などについて以下の通りご報告申し上げる次第です。

1.昨年10月、知人を通じて取材の申し込みがあり、議員会館にて30分程度の取材を受けました。知人の知りあいが出版社社長A氏のもとで編集長を勤めている人物と友人とのことでした。A氏と編集長のインタビューの内容は「リベラルとはどういうことだと考えるか?」というもので、違和感はありませんでした。

2.出版社社長A氏とは以前からの面識はありません。会ったのもそのとき一度きりで、A氏からメール問題に関する情報提供を受けたこともありません。なお、私は役員室次長という立場にありますが、今回のメールを実際に見てはいません。

3.当時の私にとって、将来このようなメール問題が起きるだろうという予見可能性はゼロでした。A氏が永田議員へ情報提供を行った人物なのかどうか、正式に、おおやけに確定しておらず、今は「疑い」をもたれているという噂の段階です。従って現段階で「不適切な言動を行った人物」という断定にもとづいたコメントを発表することは基本的に差し控えたいと思い、アエラの質問には一部「ノーコメント」と回答しました。永田議員が十分な裏づけを取らぬまま、不確かな情報に基づいて断定したことで我が党がお叱りを頂いているときでもあるからです。

しかし今回民主党支援者の方からご指摘を頂いたこともあり、あえて申し上げるとすれば、「疑い」が事実なら、まことに申し訳ないという他なく、今後はあまり詳しく存じ上げない方からの取材の受け入れに対しては慎重でありたいと思います。

お騒がせをし、またご心配をおかけしてしまったことにつき、改めて深くお詫び申し上げます。
まことに申し訳ございませんでした。