だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

高松塚古墳

高松塚古墳を視察。
飛鳥美人で有名な壁画の損傷事故を受けたもの。

地元の博物館の館長さんのお話では、1987年に文化庁が発表した本に掲載された写真からは、すでにこのとき白虎が1972年の発見時から比べて劣化していたことが明らかであった。
にもかかわらずこのとき、文化庁の担当課長は、劣化は認められないとした。
さらに2001年のキトラ古墳の発見時にも、壁画をはがして保存する方針が決められたにもかかわらず、高松塚古墳の壁画の保存方法の再検討のチャンスを逃している。
87年の写真撮影から白虎の劣化が明らかであったのだとすれば、このとき国民的議論を巻き起こすチャンスだったはずである。
そして13年には天井崩落防止工事の不注意で、壁画にカビが発生するという事態に至った。
当時現場監督の責任を負っていたはずの文化庁の官僚は単なる「鍵番」だったと自称し、崩落防止工事の際には防護服を着用して防カビ対策をする旨の指示を行っていない。
聞けば、崩落防止工事を行った取合い部と呼ばれる部分と、壁画のある石室部分では同じ文化庁でも担当の課が違う。石室を担当する課なら、防カビ対策の知識を持っていたが、取り合い部の担当の課の官僚にはその知識が無かったためという釈明が行われているらしい。
縦割り意識ここに極まれりである。
日本の伝統文化を守ることに関して、責任を負っているのは文化庁ではないのか。
その文化庁の職員が課が違うから、文化を守るための知識は持ち合わせていなかったというのであれば、文化庁の存在意義は一体どこにあるのだろう。
防カビ作業の際には、壁画が損傷するという事故まで発生している。
しかも現場に居た官僚は、こともあろうに、周囲の土を水で塗って破損箇所に塗りこめ、事故を隠蔽した。
ちょうどこの直後に壁が発見30周年の写真集が出版される予定だったからだと思われる。
そしてその行為を「補彩」という聞いたことも無い言葉で、釈明している。
これは「補彩」ではなく、見えなくするための「迷彩」であり、「糊塗」である。
26日から臨時国会が始まる。
本日の現場視察を生かし、日本の文化行政のあるべき姿を問うていきたい。

この日のフォトギャラリー
2006.9.20 「高松塚古墳を視察」