だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

容器包装リサイクル法について議論


本会議前に開かれた代議士会。

連休明け最初の本会議では、容器包装リサイクル法改正案について趣旨説明と質疑が行われました。

日本のリサイクルは、諸外国に比べ、事業者の負担が軽く、市町村の負担が大きい制度になっています。
リサイクル費用の7~8割を占める収集・運搬・分別・保管の費用が市町村負担、つまり税金で賄われているのです。
つまり、市民に高い負担を求める一方、メーカーにやさしい制度なのです。

民主党は、使用後の製品回収や再資源化費用の一部を製品コストとしてメーカーに負担させる「拡大生産者責任」を掲げています。

本日の本会議(ビデオ:55分会議録)の議題は以下の通り。
採決(◎:全会一致、○:賛成、×:反対)
国連腐敗防止条約(164条約8)
◎地球温暖化対策推進法改正法案(164閣法41)
○就学前の子ども教育、保育等総合的提供推進法案(164閣法58)
○住生活基本法案(164閣法30)
趣旨説明・質疑
容器包装に係る分別収集・再商品化促進等法改正法案(164閣法79)

民主党ホームページの関連記事
【衆院本会議】村井議員、容器リサイクル法、負担割合見直し提言(2006.5.9)
この2ヶ月を糧に民主党政権実現を 渡部国対委員長、代議士会で(2006.5.9)