だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

年金運用成績の公開先送りはありえない

早々と補正予算の必要性が論じられる状況に、「ならば28年度予算案は欠陥予算であり、もう一度きちんとした本予算案を出しなおすのが筋」と思ったのもつかの間、今度は年金の運用成績の公開を参院選後まで先送りしますという記事がさらっと出ていたのには驚きました。呆れています。憤っています。

 

28年度予算が成立した後で、年金運用成績の公開日を例年より遅らせることが明らかにされたわけで、これはテレビ中継も入る予算委員会の質疑で取り上げられては困るから露骨にこのタイミング(総理は核セキュリティサミットでワシントン)でプレスリリースしたのかと勘繰りたくなります。

 

おりしも、今日の終値は16,164円、昨日は16,758円。昨年の9月末は17,388円、1年前の3月末は19,206円でした。

 

国民の関心も高いであろう年金運用成績と言う重要情報の開示が先送りされることは、あまりにも不誠実であり、強い憤りを覚えざるを得ません。

 

そもそも年金積立金を半分株につぎ込むという運用変更は安倍政権下で押し通したことです。

 

将来ツケが回ってくることはないのかと言う趣旨のこの予算委員会での質問に対し、総理も「給付において調整するしか道がない」と、運用悪化により年金減額がありうることを認めたのはまさにこの国会のことでした。

 

不都合な真実を隠ぺいしようという姿勢は断じて容認できません。

 

年金は株価や投資家のためにあるのではなく、これまで日本を支えてこられた先輩方の暮らし、国民の将来の暮らしを支えるためにこそあるべきです。

 

年金を守るためにも、将来にツケを回す上げ底から着実な暮らしの底上げへ、政策転換が必要だと考えます。

 

合流、党名変更等でご心配をおかけしておりますことに、改めてお詫びを申し上げながら、このような損失隠しを許さないという緊張感を政治に取り戻していく責務が我々野党にはあります。「この道しかない」と突き進む現政権と比べてみることのできるもう一つの選択肢をお示しするため、全力で頑張ってまいる所存です。