だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

ハト派の伝言

改憲勢力、3分の2に届く見通し強まると伝えられていますが、「ハト派の伝言」という本をご存知でしょうか?


宮沢元総理へのインタビューをまとめた本です。

戦後の日本で一番いいことは何だったか、それは「自由があること」だと、元総理はおっしゃっていました。

 

自由こそが社会の活力だ。だから、これからの時代を生きていく人たちは、「自由の制限につながるような芽を摘み取っていく、その努力を怠らないでほしい」。

 

そう、この本は締めくくられています。

 

国家緊急事態の名の下で、あるいは「公益」や「公の秩序」という名の下で、なし崩し的に表現の自由が制約される、国民の自由と人権が制約される。

そんな息苦しい社会へと向かおうとする「この道」に、なんとしてでも歯止めをかけていきたいと思います。


みなさん、民進党の昨日の新聞広告、ご覧になられたでしょうか。

皆さんの大切な年金積立金。その半分を株に投資するという安倍政権の運用変更によって、今年3月末までの1年間で5兆円もの損失を出したことが確実となりました。

消費税8%の最大の理由は、基礎年金の安定財源、年間2.5兆円を、追加で確保することだったのに、その2年分が丸々吹き飛んでしまった計算です。

これではいったい何のための一体改革だったのか分かりません。

株価を吊り上げるために、官製相場という「上げ底」のために、年金が犠牲になる。まじめに働く皆さんの将来の暮らしが犠牲になる。

これからもアベノミクスを最大限にふかすといっています。もっとリスク運用が行われ、もっと運用損が拡大することになりかねません。

そんな中で、高齢者の将来不安を訳の分からないことだと言い放ち、いつまで生きてるつもりなんだと、許しがたい暴言を吐いた副総理。

安心して年を重ねていくことができる日本を築くことこそが、政治の責任じゃないでしょうか。


みなさん、政治にはやはり緊張感が必要です。政治に緊張感を取り戻すため、年金を守るため、一体改革の原点に立ち返るため、お力をお貸しください。

 

今回は18歳、19歳が初めて投票権を手にする国政選挙です。

 

その選挙で、結果として次世代へのつけ回しを重ねることになった。
一体改革に携わった一人として、本当に残念でなりません。

先送り、ツケ回し、将来不安という連鎖を、今回が正真正銘の最後にするために、今の政治の流れを変えていくの か、それともこのまま「この道」を進むのか、今回の大きな争点です。

 

「この道」によって、1億円以上の報酬を受け取る役員の数は最多となりました。
でも実質賃金は政権発足以来ずっと下がり続け、サラリーマンのお小遣いは3番目に低い金額となっています。

トリクルダウンどころか、上のワイングラスだけがどんどん大きくなっている。
家計の将来不安、節約志向は、むしろどんどん高まっている。そのことの証左です。

 

選挙が終われば解雇の金銭解決、残業代ゼロ法案が待ち受けています。
アベノミクスを最大限ふかすと言っています。

高額の役員報酬と、過去最大の内部留保が、この先もっと積み上がる。
そのために、働く人を犠牲にし、将来働こうという人たち、次の世代にツケ回しを続ける。
18歳、19歳選挙権のスタートの国政選挙で、そんな政治を断ち切っていこうじゃありませんか。

 

投票用紙は、赤ちゃんにババをひかせるためのトランプではありません。
選挙は、親より子が苦しくなるねずみ講であっては断じてなりません。
選挙は、次の世代に、今より少しでもましな未来を手渡すためにこそあるはずです。

 

先送り、ツケ回し、将来不安の連鎖を断ち切って、親にも子にも将来の安心を約束していくための政策転換を、私たちはみなさんと一緒になって実現していきたいんです。

 

法人減税や政策減税一辺倒では、3割の黒字企業と特定少数の大企業にどうしても恩恵が偏りがちです。

むしろ中小企業の社会保険料負担軽減に目を向けることで、広く地域の中小企業を元気に。それにより正社員としての雇用を促すことで、働く人を元気に。
待てど暮らせどやってこないトリクルダウンより、地域の底上げで日本を元気に。

 

3万円や商品券のバラマキよりも給付型奨学金の創設で何かと物入りな子育て世帯の家計を助け、将来働こうという人たちのヤル気に応え、潜在成長率と国際競争力の底上げ
を図る。

 

そういう政策転換を実現するために、支えあい、分かち合う、持続可能な共生社会への歩みを進めていくために、ぜひお力をお貸しください。残すところあと1日、明日も全力でがんばります! 
ます。