だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

速やかな臨時国会開会を

早朝の街頭活動に出発する直前、ニュースが飛び込んできた。北朝鮮がミサイル発射を行ったと。その後、5時58分に発射、6時7分ごろ我が国上空を通過して6時12分、襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下したとより詳しい中身が伝わってきた。総飛行距離は約3000キロ、同飛行時間は14分とみられ、当初グアム周辺に向けて発射するとされていた火星型ではないかとの見方も出ている。日本上空を通過したのは昨年2月に沖縄上空を通過して以来の5回目。平和と安全を脅かす深刻で重大な脅威であり、度重なる挑発行為は断じて容認できるものではない。総理の2週間の夏休みも24日に終わっている。もちろん今回の案件にかかる緊急重要な外交日程等も出てこよう。そこは最優先ということに何ら異存はない。個別委員会の具体的日程については柔軟に対応しつつ、国民の不安払拭のためにも、予告ルートとは異なる軌道かつ早朝の発射となった今回のケースにおけるJアラート等の発動経過の検証も含め、速やかに臨時国会を開くべきだ。