だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

横川駅の朝立ちでお訴えさせていただいたこと

被災地の本格的復興とならぶ最優先課題は、
「日本経済の再生」です。

すでに、平成23年度の税制改正では法人税の引き下げを決定しています。
(法人税に関する復興増税が3%発生する)向こう3年間は表面税率で約2%の引き下げ、
4年目からは約5%の引き下げとなります。
これに加えて中小企業については、
さらに800万円までの所得にかかる税率を
向こう3年間は今の18%から16.5%に、
4年目からはさらに15%へと引き下げます。

この他、先日閣議決定した第4次補正予算案では、
エコカー補助金の復活や
円高等で業績が悪化している中小企業の資金繰り支援を盛り込みました。
また平成24年度税制改正大綱には、
車体課税の見直しやエコカー減税の延長・拡充を盛り込んでいます。

さらに一昨日は平成24年度予算案を閣議決定しました。
きめ細かな学習指導を実現するための小学2年生の35人学級の全国展開や、
大学卒業後年収が300万円以下の場合は
奨学金の返済を猶予する出世払いの無利子奨学金制度の創設を盛り込みました。

社会保障と税の一体改革同様、
これらは政治が果たすべき未来への責任でもあると考えます。
文部科学委員会の理事の一人として実現に力を尽くして参ります。
お寄せ頂きましたご期待に必ずしも十分応えきれていない現状を
率直にお詫び申し上げつつ、
経済、雇用、暮らしを守るため政治の責任を
しっかりと果たしていくことを改めてお誓い申し上げます。