読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから、ダイスケ - 松本大輔のホームページ

元衆議院議員 松本大輔のホームページ

自衛隊記念日と五省

少し前の話になりますが、今年も自衛隊記念日行事に伺わせていただきました。


今回はまず海上自衛隊について書きます。


今年も精鋭の皆さんがたの雄姿を目の当たりにして、改めて、広島に江田島や呉があることの誇りを再認識しました。


我が国をめぐる安全保障環境がかつてなく厳しさを増している中で、動的防衛力、実効性ある防衛力を体現していくのは言うまでもなく隊員の皆さんお一人お一人です。


海上自衛隊五省は、個別具体の何々せよという命令ではありません。

全て皆さんへの問いかけの形を取っています。

だからこそ、これから先、どこの持ち場に付こうとも、あるいはたとえ艦長や基地司令が変わっても、やがてご自身がその立場に付こうとも、いつまでも色あせることのない、不変の輝きを放っています。


一方で、問いかけだからこそ、五省は自らへの厳しさを前提としています。以前江田島を視察させてもらったときには、赤鬼青鬼の部屋も見せてもらいました。


「覚悟は良いか。」


そう書いてありました。


我々政治家の喉元にも、その言葉は切っ先のように迫ってくる迫力がありました。


解釈改憲については今の政府と見解を異にする我が党ですが、我々も含め、今年もこの記念日行事に集った一人一人が、常に謙虚に己を振り返り、己に厳しく問いかけを発し続けながら、我が国の平和と独立を守る、国民の生命と財産を守るという崇高な使命を、ともに果たしていきたいと思います。


現場の皆さんにおかれては、どうか健康にはくれぐれも留意され、一層任務に精励していただくこと、益々頼もしき自衛官になられんことを元防衛政務官の一人として心より期待しています。