前へ
次へ

自分の発信力と相手の理解力を高める教育

現代の日本、特に多くの一般企業で求められるのは個性や自分の意見を主張すること、と表面上では言われることが多いのではないでしょうか。しかし、内実は全く異なります。自分の意見を主張するのではなく、上司の命令に忠実に実行し、自分の意見を押し殺して集団に従うことを強く求められます。行き過ぎた上下関係や、先生の言うことは絶対と、間違った教育を受けてきていることや教えられたことを信じて疑わないことが主な原因であると考えられます。教育機関としても、国際化が進む現代において自分を主張する力を育てていかなければ、日本は世界の成長スピードについて行けなくなります。企業側も古い体質を改善しなければ、今後確実に沙汰されます。教えていることと、求められる力にギャップがあるのが今の日本です。互いが歩み寄り、現状を変えて日本を動かすことが世界をリードする先進国として必要な動きです。形にとらわれない、常識や枠組みを超えた考え方をつける教育。我が強く個性的な集団の中でも自分の意見を主張できる教育が必要ではないでしょうか。

Page Top